コース概要と皆既日食帯の地図化

コースの検討 2

2017年4月初旬、昨年10月モータホームの手配時にいただいた、日程案をもとに、コース詳細を検討。途上情報の収集をはじめました。

今後の楽しみと詳細の検討、及び、家族・友人に話のイメージを伝えるため、コース案を地図化、このブログに挿入。

*_背景地図は、QGIS+OSM に皆既帯データはNASAの日食情報サイトから皆既帯の中心座標を確認し、と、は言っても座標データは1点で、曲線を地球の円周の1/4、1万キロで設定すると、ほぼ皆既帯のデータに近い位置を表示できましたので、セイラム付近とジャクソン空港付近でだいたいの位置を確認、まあこの地図レベルならば精度はこの程度でいいかな? ということにしました。

この地図化の中で、アメリカのGIS環境の一端を実感することになりました。詳細は追ってレポート出来ればと思っています。情報サイトはオール英語なので難しいですが・・・。

皆既日食のシミュレーション

ステラナビを使用し皆既日食をシミュレーション。
アイダホ州ドリッグスからさらに東に入ったGrand Targhee Resort付近(グランドティトンの西側の山麓)から見た地上風景で、それなりに表現されていて、このように見えれば・・・、と期待も高まります。

またこの皆既のシミュレーション画像をサイド背景図に挿入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です